蒼い光を纏った君

暇人大学生のキスマイ応援ブログ

会いたくて会いたくて震えるを実体験した話~舞祭組ハイタッチ会に行って来ました~

2017年1月4日朝。いつもと変わらない朝を迎える。そして舞祭組の4枚目のシングル「道しるべ」のCDを受け取りにコンビニに向かった。合宿ドキュメントを見て千ちゃんの作曲する姿、メロディーをつける必死な姿、アーティスティック味を醸し出し、才能溢れた姿に圧倒され、涙を流していた。(24時間後に本人にお目にかかることになるとは露知らず)

 

 

そして、22時。バイト終了。

帰って道しるべMVみよう!!なんて思いながら帰り道にTwitterを開くと...

 

 

「千賀   福岡」の文字。

 

 

 

なんだこれ。

 

え。

 

 

千ちゃん福岡にいるの?

 

 

 

 

ウソだと思った。でもavexのHPにて0時より重要なお知らせとの情報が出回りはじめる。

Twitterでは、イベント来たー!と喜ぶ声。なんで福岡?と嘆く声。錯綜していた。私は手の震えがとまらなかった。千ちゃんが福岡にいるかもしれないという事実を処理するので精一杯だった。謎にゆず茶を飲み心をどうにか落ちつかせ、とりあえず風呂に入った。「Thank Youじゃん!のときみたいにハイタッチかも!」というTLを見たため、指、手首回りの産毛を必要以上に念入りに剃った(え)。

 

 

そして0時。

やはりハイタッチ会だった。泣いた...!!千賀さんに触れることが許される世界が唐突にやってきたのだ。しかも福岡で。人生で味わったことのない感覚が襲ってきて、震えがとまらなかった。

行くと決まればそこからはあわただしかった。前もって言ってくれたのなら、美容室に行き、新しい服を買い、ネイルなんかもして小綺麗にするのだが、そんな時間はない。家のクローゼットを必死にかき混ぜ掘り起こし、着ていく服を探しだした。(この時点で2時間経過)

そして水色キャップに季節外れの水色ネイルで千賀担アピール完了。(ハイタッチだから爪みられないくせにw)

そして同行者を探した。一人で嬉しさを噛み締めるのも良いのだが、会場でどうもいもってしまう。(ドリボで経験済み)

だからやたらとフットワークの軽い関ジャニ担の子を誘い(よくOKしてくれたなありがとうww)、始発組より早く着きたい一心でタクシーで博多駅に向かった。

 

午前5時20分すぎ  博多駅到着



f:id:mochikis:20170110232649j:image

 

すでに200人近い人が並んでいた。恐るべしジャニヲタ。負けじと私も整理券無事get!また泣いた。(泣きすぎ)

あとはひたすら寒さに耐えて待った。ぬくぬく当番がこれほど活躍したのは初めてだった。(私3個、友人3個使用で大量消費わーーーい)

 

 

午前7時すぎ


f:id:mochikis:20170108034351j:image

 

す、すげーなwwwwwww

まあ私もその中にいるんだけどなwwwwwwwと謎の笑いが込み上げてきた(^ω^)(興奮から徹夜をし、テンションがおかしくなっている)

 

 

午前7時30分前


f:id:mochikis:20170108034650j:image

 

エレベーターへ9階へgo!CD購入!!


f:id:mochikis:20170108034807j:image

 

「ハイタッチ会参加券」という文字をみてまた喜びと震えが。「あの有名な会いたくて会いたくて震えるを今自分の体で実感している...!」と謎に冷静になり、現実を噛み締めていた。千ちゃんまであと少しだと。そして公開収録会場へ!!

 

 

 

ち、近い.....!!!!( ;∀;)

 

 

アリーナ3列目ぐらいなのではという距離?(因みにアリーナ席に行ったことはない)

1300人ほどでギュウギュウ蒸し風呂状態のホールで2時間以上待った。

 

 

 

 

そして千賀さん(舞祭組)登場!!!( ;∀;)

 

待ってた...!!!( ;∀;)

 

 

記憶がとびすぎてトークは覚えていない。ラジオ放送待ちなう←。ハイタッチでは何度も脳内でシュミレーションした「だいすきです」が言えなかった。でも千賀さんは本当にファンサの神。きゅるきゅるの目とあの低音ボイスはだめ...!!思考停止した。私はただただうっとりするしかできなかった。唯一できたことはわざと前の人と間隔あけて、千賀さんが手招きしながら私をお出迎えしてくれるわずかな時間をコンマ単位で増やすことぐらいだった。(セコい)

 

 

福岡はハイタッチ回数制限がなかったけど、あの初めて千ちゃんに触れる興奮と新鮮な気持ちを鮮明に心に刻んでおきたかったから1回にとどめた。そしてしつこく行くと「またこいつか...」と思われそうで(主に横尾さん)自粛した。笑

 

 

 

千ちゃんに触れられる世界はとにかくキラキラ輝いていた。